こんにちわ。時代に流れってありますよね。パパ活が流行ってましたが「ママ活」アプリも流行りはじめていることをあなたは知っていますか?ママ活ですよ。ママ活。

パパ活の逆なのでママ(年上の女性)が男性とデートしてお金を払う…という事になるのでしょうか?

でも実際ほんとうにそんな関係あるの?やってる人いるの?

アプリとかサイトとか掲示板とかあるの?

セックスしてるの?

いくら稼げるの?

と疑問で頭の中がいっぱいになりますよね。そこで!今回はヒモも逆援交も経験のある元ホストの僕がママ活について調べてみたので、現時点で分かったことをまとめてみました!

ママ活とは?パパ活の逆バージョンで男が年上女性に貢いで貰える実態

ママ活の実態はやっぱり、パパ活の逆バージョンという認識で間違いありません。

デートやお買い物。食事・ドライブなど年上の女性と一緒に時間を過ごしてお小遣いをもらう関係です。男性は18歳・19歳などが一番需要が高く、20代前半〜半ばくらいの男性が多くママ活をしているようです。

パパ活と違ってまだ未開発な部分が多いため、ママ活専用のアプリやサイトなどは一般公開されていないようです。

現状では、出会い系サイトやツイッターを利用してママ活している人がほとんど。これからもっと有名になり徐々にやる人が増えて市場が広がるとマスコミも感じているようです。

ママ活で補導された男子高校生は?18歳未満は逮捕されるリスク有り

実はママ活が広まった理由の一つで最近問題になったニュースがあります。それは17歳の男性高校生がツイッターでママ活して補導されたというニュースです。

若い女性が年上男性と食事などをする見返りに援助を受ける「パパ活」がブームとなる中、今度は、若い男性が年上女性を誘う「ママ活」をしていたとして、福岡市内の高校2年の男子生徒(17)が補導された。

AERT dot. 2018.11.9「ママ活」で補導された17歳男子高校生とのお茶の値段は? 「パパ活」より市場は活性化

このニュースの波紋は各種メディアに広がり、テレビでもマツコがコメントするほど。一気に「ママ活」が有名になりました。

このママ活で問題になったのは「17歳の男子高校生が」という点です。

18歳未満だと児童売春の恐れもありますし、条例・法律に抵触する恐れがあるため、今回は補導して教育する意味での取り締まりだったのでしょう。

また、「ママ活」に対する警告の意味。危険だということを知らしめる意味も込めてニュースになったのではと思います。

18歳未満のママ活は逮捕されるリスクもあるので絶対に辞めましょう。

ただ、パパ活動用、18歳以上であれば事実上は黙認という形になります。グレーであり罰則も法律で決まっていないので、警察に捕まるとういう事はほぼ無いでしょう。

ママ活ってセックスするかしないのか問題

ママ活はセックスがありなのか?なしなのか?

という点は男しては気になる所ですよね。

「ママ活」は基本的には身体の関係は含まれないプラトニックな関係です。

基本はデートがメインで、食事やお買い物など健全な交流が多い。内容はやはりパパ活とほぼ同じと言っていいでしょう。

ただ、人によってはやはりその後のセックスの関係に発展することもあるという事なので、そのママや男性次第と言った所でしょう。

ただ、身体の関係ありできでママ活を募集するというのはあまりないことなので、ママ活で早々にセックスを求める場合は、逆援交で女性を募集した方が良いのかなという印象です。

ママ活アプリの「SILK」はごく少数に限られた男子大学生用のママ活マッチングアプリです

ママ活アプリでは「SILK」というものが公開されました。

しかし、本格的にママ活アプリとして一般リリースされているわけではなく、男子大学生限定のママ活マッチングアプリという感じです。サイトからの事前登録→審査をパスすれば利用者のみアプリが利用できる。という流れです。

男性利用者の条件は「大学生限定」。登録の時に大学ドメインのアドレスが必要です。

男性は無料。女性は1万円の会員料が発生しますが、男性は審査を通過できない場合のみ、有料会員でアプリを利用できます。

この審査は、既存のサイト会員によって有りか無しか判定されているようですが、

審査落ちしたら有料会員ってひどすぎません?(笑)

現大学生の方はチャレンジしてみても良いかも知れません。

しかし、男子大学生でもSILKの審査が落ちたという声も多く聞きますので、利用者はごく少数でしょう。地方では間違いなく使い物にならないので、なんだかなぁという印象。

また、運営会社の情報が公式サイトでも公開されていないという不透明さから詐欺なのでは?という意見もネットには上がっています。

大学生じゃない!個人情報を教えたくない!こっそりやりたい!気軽にやりたい!審査に落ちたけどママ活したい!というあなたはママ活サイトを使うのも手です。

ママ活が行われている掲示板やサイトもある

プリを利用しなくても通常の出会い系サイトの掲示板でママ活をすることができます。逆援交掲示板や逆サポサイトとも呼ばれ、僕も逆売春で利用しているサイトです。

この掲示板サイトでは、以前からママ活的なことは行われていましたし、僕もやっていました。デート募集でも逆援交募集でも利用できるので、ママ活を手っ取り早くやりたい人には向います。

SILKのように審査もなく大学生である必要もありません。登録も無料です。

確実にママ活できる逆サポ掲示板サイト

ママ活の相場はいくらくらい?月に30〜50万円を稼ぐ猛者も

ママ活の相場料金も一応決まっています。この当たりは援交やパパ活と同じ感覚ですね。ママ活の相場は以下の表を参考にしてください。

食事やデート 5000〜3万円
セックス有りのママ活 1万円〜5万円
変態プレイ 5万~30万
お金持ちママの場合 30万〜50万

かなり相場料金の振り幅が大きですが許してください(笑)

というのも、ママ活の相場は女性の経済状況によって大きく変化するからです。

女性が社長や事業主などのガチセレブ系の女性なら1回の出会いで30万円をポンッと渡しくれることも有ります。そういうガチセレブ女性はかなり当たりのケースで、条件もよくて定期的な関係になりやすいです。

逆に1回5000円ぐらいでママ活する女性は単発のお試し程度の女性が多いです。そもそもあまりお金を持っていません。

また、セックス前提で変態プレイをされる場合は5万〜何十万という報酬を期待できることもあります。ハードなSMプレイとかスカトロとか過激な条件のプレイです。

セックス狙いで逆援交する場合は、逆援交の相場も参考にしてください。

ママ活のバイトはどうやったらいいのか?個人戦が多いです

ママ活のバイトがあるのか?という質問もよく見かけますが、バイトや正規な会員制のママ活クラブのようなものは今の所ありません。

パパ活ならユニバース倶楽部などの会員制交際クラブは有るのですが、ママ活に関してはまだ流行って間もないという事もありまだ未開拓のようです。男性用交際クラブなどの情報があれば当サイトにて紹介したいと思います。現段階ではツイッターや掲示板サイトでの個人戦がメインになります。

ツイッターでママ活するリスク

ツイッターでママ活するぞ!と考えていたあなた!ストップ!

ツイッターは確かに利用しやすいSNSですが、ママ活もパパ活もトラブルが後を絶たないので、オススメはしません。

なぜなら詐欺が万円しているのと、サイバーポリスも目を光らせているからです。

今どきの警察はおとり捜査で、待ち合わせ場所に行ったら警察だったということもガチであります。詐欺で一番多い手口は「不安なので、最初に気持ちとして2万円分のアマゾンギフトカードを送ってください」というもの。大体アマギフを渡してもバックレられて泣き寝入り状態なので絶対に先払いとか言われてもお金を渡したりしないでくださいね。

僕が逆援交で利用しているようなサイトは運営が常に監視していますし、運営歴も17年以上ある老舗のサイトなので、信頼感はツイッターの比ではないです。

ママ活してる女性ってどんな人が多いの?

ママ活している女性についてですが、普通のOLや人妻から、不動産をもつようなリッチなセレブ女性もいるようです。

また、職業的にストレスが強い、看護師や福祉系・風俗やキャバ嬢・AV女優なんかも一般の男性を求めて利用することも多いです。高収入で高ストレスの仕事をしている女性ははけ口や癒やしを求めて、サイトを利用して、ママ活男性と関係を持ちます。

ホストにハマるのと同じ原理ですね。

また、異常な性癖を持った女性・性欲が異常に強い人・メンヘラ女性も多いです。性欲がどうしようもないくらい強い女性は逆デリヘルなどを利用することも多々あり、ママ活のターゲットと親和性があります。何かと癖があったり心に闇を持った人が多いので、心身ともにケアできるような男でありたいなと思ってます。